ロルフィングをさらに詳しく

統合について

部分と全体

 

筋膜は全身に影響しあっているのおで、全身のバランスや働き、動きに影響します。

 

それは、身体のどこか一箇所に不調が現れば、そこだけに不調の原因があるわけでないことが言えます。

 

また、身体の一箇所に変化が起これば、全身に影響します。

 

足首を捻挫して歩けば、反対の脚に負担がかかり、そのうえにある骨盤や上半身は傾き、その傾きを相殺するように、頭も傾きます、いつも通り視界がみえるのであれば、頭のかたむきに対して目の使い方もかわってくるでしょう。

 

つまり、全体のバランスを考慮して、歩きの動作を統合してあげることが必要となります。

心と体について

 

ボディワークは、心と体を一体として捉える考え方や身体への働きかけです。

 

現代、人の身体を扱う上で、心と体を切り離して考える傾向があります。

 

しかし、身体を扱う上で、心と体をわけて考えることは難しく、それぞれが影響しあっています。身体の個人差やその時のその一瞬のコンディション、その人の考え方や感情、エネルギー、その時の環境なども影響しています。

 

それらを受け入れるため、ロルフィングは施術者によって使用するテクニックが異なります。なぜなら、ロルフィングの本質は、具体的なテクニックでなく、目的と原理原則にあるからです。揺るがない目的と原理原則、それらを共有してロルフィングが提供できるのがロルファーです。

統合とは

 

私たちが共有する統合はパーツの構造や機能を整えるだけではありません。

 

例に挙げた姿勢一つをとっても、身体の個人差やその時にコンディション、環境、その環境に対して沸き起こる感情やエネルギーなど、すべて身体に影響を与えています。

 

これらを全て受け入れて、人に身体を作っていくのがボディワーク、ロルフィングです。

 

<日本ロルフィング協会の記事より>