· 

自然災害と台風被災(杉並区と各地)

想いを形に(杉並区、埼玉、千葉)ロルフィング

10月の大型台風のと大雨の影響で、いろいろな影響がありました

 

杉並区の善福寺川沿いでは大きな被害はなかったものの、直後の路面や木の散乱状態を確認するとその影響を感じることができました

今から11年程前には、善福寺川の氾濫があったとお聞きします

 

阿佐ヶ谷のゲリラ豪雨は去年実際に経験しました

 

自然による災害はニュースでもよく見聞きするようになったと感じます

 

熊本震災以来、埼玉の小川町の活動に参加(10月20日)することで現場をみることとなりました

 

小川町の川沿いの集落の民家2軒での活動でしたが、いずれも1階部分には大量の水とともに泥が侵入してしまっていました

 

 

 

 

 

多くのマンパワーによる大量の泥除け作業や倒木の移動、泥のかかった日用品の搬出や洗浄作業を必要しました

 

山と川に囲まれた自然豊かな環境ですが、自然災害のすさまじさと影響を感じました

 

 

11月9日、千葉の長柄町で活動することとなりました

 

駅からのバスの送迎と大きなセンターを構えて活動する人を受け入れる状態でした

 

センターから現場に向かう車道では、多くの部分に泥がかかっており未だに残っている状態でした

 

現地の方にお聞きすると、車道自体が完全に冠水していたようです

 

山の麓にある農家では、用水路に泥が埋まってしまっており水が流れない状態のため、泥を掻き出したり、泥を運ぶ作業が必要でした

活動を通じて自身への気づきも多くとても貴重な機会となりました

 

日程調整に応じてくださったクライアント様、活動に携わっておられる関係者の方々に感謝するとともに、今回の台風や大雨で被災地された方々の早い段階での生活復興を心から願っております

 

また、杉並区から想いを形にできればと感じています