お客様の声(体験談)

ロルフィング・リファイン 体験談

不思議、繊細な感覚

O様、40代女性、WEBデザイナー

事務(ずっとパソコンを扱う)仕事をしていて、慢性的な肩こりでずっと悩まさせていました。ときには頭が痛くなることもありました。

なんとか解決したいと思ってネットでいろいろと調べたり、人に聞いたりしてロルフィングを試してみることにしました。

セッション1では呼吸のテーマでしたが、肩こりだけでなく、呼吸が浅くなり体全体に力が入ってしまって緊張していることに気がつきました。施術中も眠るか眠らないかの心地よい状態で、ゆったりと優しい触れ方から、終わってみるといつのまにか呼吸ができている状態でした。帰ってからも久しぶりに深く眠ることが出来て気持ちの変化も感じられました。不思議と繊細な感覚、わかりやすい説明もあって、セッションは10回最後まで受け続けることが出来て、メンテナンスにも通っています。

さわやかな居心地の良いからだ

30代女性、事務職

知り合いから教えてもらってロルフィングを知りました。今までヨガやスポーツクラブなども通ったりしていたのですが、時々感じる体調不良、股関節の不具合など、左右で足の感じが異なるなど、右足だけの痛みなど、なんとな~く体にスッキリしない状況があってロルフィングを試しに受けてみることにしました。

もともと興味があったのもあるのか、ロルフィングを通じて体の変化を感じることができて、さわやかな、居心地の良い体の状態を感じれるようになりました。気になっていた両足の状態や痛みに関しても、施術とともに説明を受けて、しっくりと感じれるようになりました。

それとともに、気分もゆるやかになり落ち着いた気持ちになってきました。

女性ロルファーも含めて、どのロルファーに頼もうかと迷ったのですが、もともと持っていた怪我のことも詳しく相談したくて、はじめに受けてみることにしました。関西ののりと雰囲気で楽しくロルフィングを受け続けることができたり、伝えるべきことはきっちりと伝えてもらって、そのメリハリの利いた感じ(笑)が私には合っていました。また、定期的に伺うつもりです。

私にとっての良い姿勢

50代女性、主婦

出産と子育てが少し落ち着き、以前とは体に違いを感じることも多く、疲れもなかなかとれず、なんとかしたいと思っていました。もともと友人の情報とネットで詳しく調べて、ロルフィングを受けました。私が一番これだと思ったのは、4回目の骨盤底の回でした。

地面にしっかり足がつくのを感じられて、歩いていると実感できました。

また、座り方もよい姿勢?正しい姿勢ばかりに気をとられてしまって、自分なりの心地よい姿勢のことを教えてもらって、体の疲れをあまり感じなくなりました。

10回を通じて、私なりに体のまとめができた気持ちもするのですが、体のことを深くしれば知るほど興味がわいてきて、さらに追及していきたいと思っています。また通いますので、よろしくお願いします。

体で感じること

40代男性、営業職

昔に左足を何度か怪我をして(捻挫のような状態)、今でも歩いたり、走ったり、運動したりするときに感じる、右足との違いや不安定な状態をかえたくてロルフィングを受けました。最近では、趣味でフルマラソンを走ることがあるのですが、もっと気持ちよく、タイムも目指したいと思ったのも受けた理由です。

体感することはあまり得意ではなかったのですが、適度に言葉や動きのアドバイスをもらえて、とてもロルフィングを実感しやすかったのではと思っています。

お話しをされていたように頭を使いすぎると感じにくくなるのですね。

整形外科スポーツクリニックでも働いておられたようで、怪我のことなども教えてもらいました。

時間をとってじっくりと受けることができたのは、これからのスポーツをする上で貴重な機会であったと感じます。

こらかも楽しく、自分のペースで趣味のランニングを続けていきます。

スキップしている私

T様、50代、女性、主婦

「ロルフィング」・・、初めての言葉にインターネットで検索しながら、まずは体験させていただきました。

私はエアロビクス競技を趣味として続けています。競技ですから成績がついてきます。

大きな大会の後、精神的にかなり疲れた状態でセッションに行かせていただきました。

いろいろな話をしたり、今の自分自身の身体をみつめたり、感じるところから施術がはじまりました。

相性もあったかもしれませんが、気持ちのリラックス、身体の緩みを感じることができるようになり、2回目のセッションが終わるころには、呼吸が大きく、深くできるようになってきていることに気づきました。また回を重ねるごとに、肩まわりの緊張がとれたり、寝つきがよくなったり、長時間座っていても安定して楽にすわれるようになっていました。

筋膜のアプローチをされているときは、かたくなった部分を薄い状態にしてもらっているような、やわらげてもらっているような、とても心地が良いものでした。

毎回、ロルフィングが終わると、足どりが軽く、スキップで帰りたい感覚でした。

ロルフィングを受けることによって、自分の今の状態に気づく大切さを知ることができました。

いつのまにか、いろいろな理由で自分のわるいところばかりに目につくようになっていたのかもしれません。いったんお休みしましたが、もう一度、競技に戻ろうと考えています。自分のよい面とそうでないことろの両方を眺めて、受け入れて、気持ちや身体の変化も感じていきたいと思っています。

ロルフィング後の感覚をまた思い出せるようにしつつ、メンテナンスも通いたいと思っています。

歩いても疲れにくくなったようにも思えます

A様、30代男性、オペレーター業務

仕事では電話対応で神経を使って疲れることが多かったのと、慢性的な腰痛がありロルフィングを受けました。

初回には、ロルフィングとは異なる腰の専門的なことを教えてもらったり、少しだけ腰の施術もしてもらいました。

ロルフィングを10回受けて、一番変わったのは歩く事です。

あまり歩く事は好きでは無かったのですが今は少し楽しくなっています。

それとともに腰の痛みが気にならなくなりました。

脚を出しやすくなり、腕については大きく振って歩きたいと思うようになりました。

歩いても疲れにくくなったようにも思えます。

ロルフィングを受けた当初はなかなか感じることがむづかしくも感じましたが、後半は今までにない体の不思議な感覚を得れたのと、体の意識が高まったような気がします。

周りを見渡したときに、なにか感覚が違う!?

O様、30代男性、柔道整復師

友人がロルフィングの研修会に出ていたので、ネットでいろいろと検索して受けることになりました。どのセッションも変化にびっくりしています。仕事柄もあるかもしれませんが、呼吸がらくになったこと、足の状態が安定したこと、セッション4では足のつながりがしっかりしたことで、歩いたときに周囲を見渡す感覚がかわったことにはとてもびっくりしました。どんどんロルフィングを楽しんでいきたいです。そして、自分自身の体の感じ方が変わることで、整骨院で患者さんに施術を提供するときにも良い施術を提供していけそうです。

力がぬけていくことを実感できる

M様、40代女性、看護士

仕事は看護師をしています。

毎日利用者のお宅を訪問して(訪問看護)、仕事が終わったあとは、バレエ、声、体のレッスンなど舞台のための練習を毎日しています。

自分のダンスなど、全て力がはいってしまうのはわかるけど、力を抜こうとしても、いつのまにか力がはいってしまい、どうしたら良いかわからなくて、一度ロルフィング・リファインを受けてみることになりました。

実際にロルフィングで受けてみて、ダンスをしているときにも少しづつ身体への意識が向けられるようになったり、自分の身体にとって力が抜けていくことの重要性を痛感しました。

身体だけでなく、人との接し方、生き方にも力がぬけていくことを実感できる今日この頃です。

体と気持ちの若さ

M様、男性50代、会社役員

もともと体や健康のことに興味があり、趣味でコーラスをしていて、若く体を保ちたいと思っていたので、ロルフィングを受けることにしました。呼吸の回で、体の広がりを経験できたのは面白かったです。体を感じるということには慣れていなく時間がかかったように感じましたが、施術でヒントをもらったり、家でもいろいろと取り組むことで、気持ちよさが感じられる体の変化や状態がすこしづつわかるようになってきました。体と頭の使い方が繋がっているの感じて、趣味に仕事に柔軟に楽しんで取り組んでいきたいですね。

体の中心から動くイメージ

N様、50代、女性、主婦

バレエとロルフィング

バレエの先生にロルフィングのことを聞いて、ロルフィングを受けるようになりました。

他のロルフィングを受けたのですが、相性もあって、受けなおしをしました。

以前に体調を大きく患って、やりたいことをしようとバレエをはじめたのですが、その動きを先生から教わっているときに、ロルフィングを教えてもらうこととなりました。

以前は体のコアから動くイメージがなかなかつかなかったのですが、ロルフィングを受けてから、なんとなく感じるものがありました。10回のセッションは期間をつめて受けましたが、いろいろな変化に気づけたように感じています。

体がだいぶん動くようになりました

Y様、70代女性

2年ほど前に右足の怪我をしてから、動く機会が少なくなり、息子に歩くのを心配されたり、ふらついたりすることが多くありました。

20年ほど前に、アメリカに10年ほど滞在していたことがあったので、オステオパシーの存在をしていましたし、医師である息子の勧めもあってロルフィングを受けることとなりました。

家で実施できるホームエクササイズなども少しづつ教わりながら、ロルフィングの回数を経るごとに、足が動くようになり、歩幅が大きくなったり、ふらつきが減っていきました。

お陰で、階段の登り降りがスムーズにできるようになるだけでなく、アメリカを訪れて現地でウォーキングをしたり、普段の活動量が格段と増えるようになりました。

もっと歩けるようになりたい、いろいろなところに旅行に行きたいという気持ちをかなえるために、メンテナンスでロルフィングを受け続けています。体のことを感じるために、自分でも時間をとって、伝えてもらった方法であるくようにしています。

とにかく不思議な感覚です

K様、40代、男性、事務職

趣味でロードバイク(サイクリング)を初めて、身体のトレーニング等を調べていたら

安田登氏の著書「疲れない体をつくる「和」の身体作法」という本を見つけ

「ロルフィング」や「筋膜」に興味を持ちました。

マッサージもほとんど受けたことがなかったのですが、ロルフィングリファインのホームページをみつけて、一度施術を体験してみることにしました。

ロルフィングの施術を受けてみた感想としては、とにかく不思議な感覚です。

手を添えられたところから、ジワ〜〜っと身体の中の 緊張がほぐれていきました。

なんだか、身体の中の癒着している部分が外れる感じでした。

肺が大きく動けるようになり、背中やお腹の部分が大きく動きかなり深い呼吸ができました。

施術後、鏡をみながら深呼吸をしたところ、 上半身が上下左右に大きく膨らんでいたことには、

びっくりしました。

施術を受けた帰り道、呼吸の量が増えたためか、時間の経過とともに、だんだん手足の動きが普段と微妙に変わっていました。

自分の身体なのですが、乗り慣れた車ではなく、 レンタカーを借りて乗っているような違和感があり、

慣れるために、1時間ほど歩く練習をしてみました。

土日に、自転車のトレーニングをしたのですが、そのときも呼吸がとても楽に出来ていました。

これまでの呼吸は、胸とお腹が前に膨らむ感じでしたが、

施術後は上半身が前後左右に楕円のように膨みました。

背中は肩甲骨あたりに呼吸専用のリュックを背負っていて、 そこに呼吸が入っていくような不思議な感覚を覚えました。

体の変化を感じながら、ロルフィングを楽しめました。

呼吸の広がりを感じることができました。

N様、20代、女性、理学療法士

ロルフィングを受けました

整形外科のクリニックでリハビリの仕事をしています。

筋膜リリースや筋膜に興味があって、またクリニックでの施術に生かすためにロルフィングを学びたいと思って施術を受けました。実際に受けてみると、呼吸の広がりや身体のかたさを感じることができました。

呼吸の状態がかわると、他の違和感のある部位を感じるようになったり、自身の身体に目を向けることができるようになりました。肋骨にアプローチしてもらっているときが、一番呼吸の広がりを感じることができました。

セッションごとに変化を感じることができる

C様、60代、女性、主婦

ロルフィングのことは以前から興味があって、まずは体験セッションを受けてみまし

股関節の不具合と肩こりがあったのですが、セッションごとに変化を感じることができるようになりました。施術時にきっちりと説明もしてもらって、毎回のセッションを楽しみに通うことができました。

慢性的な肩こりがあったのですが、特にセッション7での、首がらくになった感じが印象に残っています。

ロルフィングを受けられる方

主婦、会社員、消防士、警察官、ダンサー、エアロビクスインストラクター、ヨガインストラクター、自営業者、公務員、理学療法士、運送業、作業療法士、看護師、マッサージ師、飲食業者、トレーナー、他さまざまな方