ロルフィングの説明

ロルフィングとは?

ロルフィングとは、全体の調和を取り戻し、その人が本来もっている身体の能力や治癒力を引き出すボディワークです。

・重力に逆らわない姿勢を学ぶことができるので、楽な(疲れにくい)姿勢に気付けます。

・全身の筋膜をリリースしたり、感覚にも働きかけるので、心身のリフレッシュ若返りをはかることができます。

・身体のバランスや動きが良くなるので、身体の痛みを少なくできます。


ロルフィングの由来

ロルフィングは米国の生化学者アイダロルフ博士(1896~1979)によって創られたボディワーク・施術プログラムです。

ロルフィングは主に3つの方法によって、身体の機能、感覚、心的な変化を感じて、ご自身の身体や動きに気づきを得てもらいます

1つ目は、筋膜をリリースする方法です。

もともとクラシカル・伝統的な方法では、身体全体を覆う、筋膜という結合組織に直接触れて、体の制限を解放することで、その人本来の動きを獲得してもらいます。

2つ目は、筋膜をリリースした後などに、その方の身体に適した新しい動きを伝えて(ムーブメントと表現)、ご自身に動いてもらう方法です。新しい動作の獲得をしてもらいます。

3つ目は、身体や感覚に働きかけて、ご自身の感覚機能を高めて、感じる能力を高めてもらう方法です。

上記のことを踏まえて、ロルフィングとは身体の再教育の技法(テクニック)と考えられます。ウィクペディアでは、身体と重力の調和を取り戻し、人間が本来持っている潜在力や自然治癒力を引き出す、構造的身体統合法と記載されています。 

ロルフィングの原則と効果

ロルフィングは、身体に与える負担を考えて、また段階を踏まえて深部に働きかけて調整をはかるため、通常は、10回に分けてセッションを実施します。10回を継続することで、各部位とともに体全体の筋膜のゆるみや感覚を調整して、全身の状態を整えていきます。ただ、ご都合に応じて区切りのよいところで、区切ったり、完了していただくことも可能です。また、10回全てを受けきることを必ず最初に決めていただく必要もありません。ご都合やお体を考慮していただきながら、回数、ペースは一緒に考えていきましょう。


ロルフィングの3つの分類

10回はグループ分けがされていて、各セッションごとにテーマが決まっているのと、大きく分けて3つの分類されています。

それぞれは、①1~3回目が「表層の筋膜」、②4~7回目が「深層の筋膜」、③8~10回目が「統合(まとめ)」となっています。まずは身体の浅い筋膜に少しづつ触れて負担をかけないようにしていきます。そして、少しづつ身体の深い部分や症状の原因を探っていく構成となっています。

 

各セッションにはテーマがあり、

①「表層」1、呼吸を自由にする、2、大地に足をつける、3、身体の前後(体の側面)を拡げる、

②「深層」4、身体の内側で支える、5、腹部の空間をつくる、6、体の背面の動きを高める、

     7、頭や首を体の楽な位置にもってくる

③「統合」8と9、上半身、下半身のどちらかを統合をする、10、身体全体を統合をする

ロルフィング10セッションの詳細

1回目の施術(セッション)~テーマは「呼吸を自由にする」

~腕、胸部、腹部、骨盤を中心に施術していきます~

楽で自由な呼吸を獲得していただくことを目標とします。

呼吸が1回目に取り上げられるのは、人の生命活動として要となる大切な動きであるからです。

また、呼吸の筋膜がゆるまないと(緊張をなくさないと)全身の緊張状態が和らがないことが理由となります。

 

2回目の施術(セッション)~「大地に足をつける」

~足の表裏、ふくらはぎと脛、膝を中心に施術していきます~

大地にしっかりと立てることを目標とします。

例えば、木を想像してみてください。地面にしっかりと根をはっている木は安定しています。

 

地面と足のつながり、安定感を感じてもらえることで、上肢(上半身)や心的なリラックスを感じてもらえます。

 

3回目の施術(セッション)~「身体の前後(体の側面)を拡げる」

~腕、鎖骨、肩甲骨、腹部、骨盤を中心に施術します~

体の前後、その間の部分である体の側面をゆるめます。

例えると、クッキーに挟まれているクリームの部分が、「体の側面」になります。

この部分をゆるめることで、体の前後のバランスを整えていきます。

呼吸がさらに広がる感覚や横への意識が高まることを目的とします。

 

 

4回目の施術(セッション)~「身体の内側で支える」

~ふくらはぎ、大腿の内側、骨盤底を中心に施術します~

骨盤を通して足のサポート(支持)を得ること、足から骨盤底までのつながりを感じてもらうことが目標となります。

身体の内側から大地へのつながりを感じてもらうことで、さらに身体の安定を感じてもらえます。

 

5回目の施術(セッション)~「腹部の空間をつくる」

~胸部、腹部、大腰筋を中心に施術します~

腹部の筋膜をゆるめるとともに、深い部分にある大腰筋の活動を高めて、腹部のあたりから脚を振り出せるのを目的とします。

 

6回目の施術(セッション)~「体の背面を活性化させる」

~仙骨、尾骨、臀部、背中を中心に施術します~

仙骨、尾骨、骨盤、背中の筋膜の動きが高まることを目的とします。 

 

7回目の施術(セッション)~「頭、首を体の楽な位置にもってくる」

~首、頭、口、鼻を中心に施術します~

頭、首を体の楽な位置にもってきてバランスを整えて、首周りの不快感の減少、地面からの動きの伝わりを高めることを目的とします。

 

8、9回目の施術(セッション)~「上半身もしくは下半身)のまとめ

~下半身の選択の場合、足の先から腰椎あたりまでを施術します~

上と下のどちらかを選択する際、主に下半身を選択して、まずは土台の部分を安定させることを目的とします。

9回目の施術では、上半身を選び、腰椎から上の部分を施術します。

 

10回目の施術(セッション)~今までのまとめ

~上半身と下半身の表層の筋膜を施術したり、動きの再確認をします~

身体全体をまとめとして扱います。

また、クライアントさんにも、今までの施術(セッション)のことを整理してもらい、10セッションが終了した後も状態が継続できるように気付きを得てもらうことを目的とします。